>
津山郷土博物館の耐震診断の結果について

津山郷土博物館の耐震診断の結果について

 当館の建物の耐震診断を行った結果、1階部分でIs値(構造耐震指標)がもっとも低く0.29となり、所要の耐震性能を有していないと報告されました。耐震補強事業開始までは、引き続き開館する予定となっておりますが、当館では、耐震補強に向け、できるだけ早急に対策を講じたいと考えております。

 なお、閉館時期など、今後の予定につきましては、計画が決まり次第ホームページ等でお知らせいたします。

 

(参考)

耐震改修促進法によるIs値の指標は以下のとおり

0.3未満 (震度6強で)  倒壊、崩壊する危険性が高い

0.3以上0.6未満 (〃) 倒壊、崩壊する危険性がある

0.6以上     (〃)    倒壊、崩壊する危険性が低い