>
>
企画展のあゆみ

企画展のあゆみ

 なつかしの津山の鉄道
みんなの勾玉布ぞうり
院庄と児島高徳伝承
永礼孝二展
河井達海展
企画展のあゆみ
作州かすり物語1
作州かすり物語2
作州かすり物語3
西東三鬼資料展風景
泥天神
日本刀のできるまで

 

 

 

みんなの勾玉布ぞうり

 

平成20年4月5日~4月13日開催
津山郷土博物館では、津山市内の小学生と保護者を対象に勾玉づくりと布ぞうりを作る体験講座を行いました。

 そこでみなさんに作っていただいたものを「みんなの勾玉・布ぞうり展」として展示しました。 

 

 

 

 

なつかしの津山の鉄道

 

平成23年5月25日~7月31日開催

津山駅扇形機関車庫の航空写真や国鉄時代の切符など館蔵資料の中から鉄道に関する資料を展示しました。

 

 

 

院庄の児島高徳伝承

 

平成23年10月5日~11月27日開催
元弘2年(1332年)後醍醐天皇が隠岐に配流のため移送される途中、院庄にあった館に宿泊した時、天皇を勇気付けるため児島高徳が十字の詩を桜の木に記した伝承は有名です。
 そこで、この伝承にちなみ院庄と児島高徳に関する資料を展示しました。

 

 

 

 

永礼孝二展

 

平成22年6月18日~7月19日開催
個人の方より永礼孝二作品および版木17点が津山郷土博物館へ寄贈されました。これを契機に永礼孝二の作品を展示しました。

 

 

 

河井達海展

 

平成22年7月22日~9月30日開催
 津山市出身の画家河井達海の作品10点を展示しました。

 

 

 

 

企画展のあゆみ
 

 

■企画展のあゆみ

 

平成元年4月1日~5月7日      大名の世界―津山松平家
平成2年8月4日~10月2日     津山狩野派の絵師たちⅡ
平成3年3月16日~5月6日     古地図の世界‐描かれた美作の近世‐
平成3年10月12日~11月10日  近世の村‐景観と生活‐
平成4年4月1日~5月15日     西東三鬼回顧展
平成4年5月19日~6月21日    彫書の美
平成5年3月6日~4月18日     弥生時代の村
平成5年4月21日~5月23日    棟田博
平成6年2月11日~3月16日    大谷碧雲居
平成6年3月19日~4月24日    中国古代拓本展
平成6年4月29日~5月29日    美作の刀剣
平成7年3月18日~4月23日    津山の須恵器
平成9年3月8日~4月20日     衆楽園
平成10年3月14日~4月19日   城下町のくらし
平成10年4月25日~5月24日   詩の前衛から風狂の世界へ―流火、安東次男展
平成11年2月13日~3月14日   彫無季~その生涯と芸術
平成11年3月20日~4月25日   津山藩主松平斉民
平成12年3月11日~4月16日   津山藩の教育
平成13年2月17日~3月27日   津山城調査速報展
平成13年3月31日~4月15日   日本の美 刀剣・刀装の優品から
平成14年3月16日~4月21日   美作の渡来文化
平成15年2月22日~3月30日   日上畝山古墳群
平成15年4月5日~4月20日    シーボルトと津山の名刀展
平成19年3月24日~4月22日   扇面源氏物語絵の世界
平成22年10月9日~11月10日  国文祭つやま記念企画展 西東三鬼
平成23年2月5日~3月21日    作州かすり物語
 
 
 

 

 

 

 

作州かすり物語1

 

平成23年2月5日~3月21日
津山市を中心とする岡山県北部の特色ある産業として、岡山県などにより振興され、地域の観光にも貢献した「作州絣」。その誕生の経緯と復興の取り組みの様子を展示しました。

 

 

 

 

作州かすり物語2

 

作州絣を製作するのに使われた織機や道具類の展示風景

 

 

 

作州かすり物語3

 

作州絣のきものや反物などなど作品類の展示風景

 

 

 

西東三鬼資料展風景

 

平成20年4月4日~5月31日開催

西東三鬼賞に合わせて、これまで展示の機会がなかった三鬼の資料、特に雑誌類を展示しました。

 

 

 

泥天神

 

平成23年3月25日~5月22日開催

館蔵資料の中から泥天神やその型、恵比寿・大黒など小さい土人形なども展示しました。

 

 

 

日本刀のでくるまで

 

 

刀を作る工程の見本を中心に、鉄の塊が刀になっていく過程を展示しました。